読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユンギボの日記

ネタバレなしの映画感想日記。

『ボクソール★ライドショー』(4D2D)感想

2016年2月1日、ユナイテッド・シネマ豊洲で『ボクソール★ライドショー 恐怖の廃校脱出!』(4DX)を観賞して来ました。

ドキュメンタリー風フィクション=POVの名手である白石晃士監督が4DXの世界へ降り立ちました。事件ですね!
内容は、アイドルみたいな女の子3人(誰も見たことない子だった。。。。)とカメラマンが廃墟の中へ入ったが最後、出られなくなるというタイトルに嘘偽りの無い作品でした。全編、手持ちカメラで中継映像を撮っているというテイで突っ込んで行きます。
あっちこっち場所を飛び越える演出やあっという間に昼間から夜へ演出、挙げ句に異次元迷子と白石監督の『コワすぎ!』シリーズの脅かし手練手管を25分に詰め込んだよーな作品でした。
ボクとしてはチョイ見せ幽霊が好みなので、本作のよーな怪物ドーンな描写にはワクワクしないのですが(ただ、登場人物たちを追い詰めていくピエロの造形にはグッときました)、お化け屋敷風味のアトラクション要素に特化した演出は楽しかったです!
で、そのアトラクション色と4DXの相性はバツグン!
背中に当たる衝撃、首もとへの風。足元を触る仕掛けにスクリーン前のスモーク。そして、小雨くらいの水の噴射。もう顔面ビチャビチャですよ! 中でも特に驚かされたのは手持ちカメラの角度に合わせてソファーが動く所。まるでカメラと目線が一体化したよーな錯覚!


『ボクソール★ライドショー 恐怖の廃校脱出!』
★★★☆☆
星3つ