ユンギボの日記

ネタバレなしの映画感想日記。

2017.02.27『ルパン三世 カリオストロの城』4DX版

f:id:stanley-chaplin-gibo:20170530015404j:plain

2017.02.27

誰もが認める名作『ルパン三世 カリオストロの城』が4DXで上映と聞いて、喜びいさんで観賞して来ました。

ご存じ『ルパン三世』劇場版第2作目にして、宮崎駿監督作品1作目。怪盗というより義賊化した善人=ルパン三世クラリス姫を守る為、王家に伝わる財宝を巡って戦う冒険活劇アニメ。(←我ながら上手く纏めた!)

そんな不朽の名作を4DX化! だから、座席が動くし、煙も出る。これは、宮崎駿によってドタバタ冒険活劇ナイズされた本作にはピッタンコカンカンな仕様ではないか!! ……っと思っていたら、そんな事なかった。やっぱり、制作時にそーゆーつもりで作ってないもんだから、不必要なタイミングでガンガン座席が動いて集中できない残念仕様。

確かに、最初こそ、飛んだり跳ねたりと動き回るキャラクターたちの動きに連動したアトラクションの数々はワクワクを盛り上げるのだけど、「アトラクションを楽しみたい気持ち」より「作品をじっくりみたい気持ち」の方が圧勝! 4DXにするには作品のクオリティーが高すぎたんですな。


でもですね、やっぱり、この名作をシネコンの大スクリーンで見れるのは格別で、スピーカーから流れる山田康雄や納谷悟郎、石田太郎など稀代の豪華声優陣の声は興奮しまくりです。みんな故人ですからね。そーでなくても小林清志井上真樹夫の若い張りのある声にはトキメキを隠せません!!

ラストの銭形の「いや、奴は飛んでもないものを盗んで行きました。……あなたの心です」というグッとくる名セリフが有名ですが、ボクはそこよりも、その前のルパンのセリフをグッときます。ルパンに着いていこうとするクラリスに対して
「バカな事を言うんじゃないよ。また闇ん中へ戻りたいのか? やっとお日様の下に出られたんじゃないか。なっ? お前さんの人生はこれから始まるんだぜ? オレのように薄汚れちゃいけないんだよ。 ……あっ、そうだ! 困った事があったらね、いつでも言いな! おじさんが地球の裏側からだって、すーぐに飛んできてやるからなぁ~!」
このアウトローなおじさん感! 要はベテラン感ですよ!

宮崎駿のキャラクターがよく動きまくる作画やシンプルな冒険活劇的なワクワク感。やはり、映画館で観るのと、テレビで観るのは全然、違いますね!!

カリオストロの城

(作品には)★★★★☆星4つ

(4DXには)★★☆☆☆星2つ